• ホーム
  • 【完全保存版】クリエイター向けSNSまとめ

【完全保存版】クリエイター向けSNSまとめ

2019年05月11日
パソコンを使用する男性

各種コンテンツの制作に取り組むクリエイターのなかでも、SNSを活用する方の数は増加の一途を辿りつつあります。SNSは多くの場合、簡単に登録ができ、操作も感覚的に行うことができる高いインターフェイスを備えているので作品の発信も簡単にできるからです。しかしそれぞれのSNSによっても特徴には違いがあります。そこでクリエイターに高い人気を誇るSNSを幾つかご紹介してまいりましょう。

Twitterは140文字程度の短い文章を投稿することが可能なので、気軽につぶやくことができます。Twitterはユーザー数が多く、自分の投稿に賛同してもらえればフォロワーを増やすことができるので、まったくの赤の他人にも自分の作品について認知してもらうことができるのが魅力です。感想についても気軽にリプライできるので、ユーザー同士の距離が近いことも魅力です。その反面思わぬ炎上騒動に発展するリスクもあるので注意が必要です。

インスタグラムは写真や動画の投稿に特化したサービスです。Twitterでも動画や画像は投稿可能ですが、一連の画像を共有できるのが特徴の一つです。インスタグラムにアカウントを持っている場合、同じ写真や画像を共有して参照できます。優れた作品を発信しユーザーの共感を広く得ることができれば大規模に拡散されるので、クリエイターの認知度をあげることも可能です。

Artstationとは世界中のプロアマのアーティストたちが、盛んに作品を投稿しているSNSになります。Artstationで多く投稿されるジャンルは、2Dや3Dのゲームや映像作品などCG系の作品が多くなっているのが特徴です。

Pixivはユーザーがイラストやマンガ・小説などを創作投稿したものを、評価するというSNSになります。Pixivはクリエイターとして作品を投稿する人と、それを見たファンの感想を作者にフィードバックすることで創作活動をより楽しむことができるのが特徴です。

Tumblrはアメリカのヤフーが運営するSNSの一つになります。Tumblrの特徴は文章や画像だけでなく、動画や音声等の幅広い種類のメディアを組み合わせて投稿できる点にあります。

FREEKSはクリエイター自身が作品を発表したり、人脈を管理したりして仕事を依頼しあったりすることのできるSNSです。FREEKS100には、FREEKSのアプリから招待を受けたクリエイターのための特設ページが開設されているほどプロのクリエイターを意識しているのが特徴です。