パソコンを見ている女性

Webを舞台に創作的な仕事をするのがいわゆるクリエイターと呼ばれる仕事です。類似した仕事にはデザイナーと言う仕事もあります。創作的な仕事をする点で共通していますが、クリエイターやデザイナーにはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。そこでWebクリエイターとWebデザイナーの違い、それらに関連して取り上げられることも多いコーディネーターやライターなどの業務内容などについてご紹介してまいりましょう。

Webクリエイターとはサイトやページに載せるコンテンツの作成に従事するのを主な業務にしています。テキスト作成や編集などのほかに、コンテンツに必要な映像制作や楽曲制作までも手がけることがある広汎なジャンルのスキルが必要といえます。クライアントのニーズや目的をかなえるために、コンテンツの企画などの立案も必要になるでしょう。
これに対して、Webデザイナーはクライアント側のコンセプトにあわせてサイトページのデザインをするのが主な業務になります。ただ単に見た目にきれいなだけでなく、クライアントの意向を反映しコンセプトを実現するためのデザインを提供することが求められます。必要に応じて画像やイラストなどの選定や制作などをおこなうことがあります。

それでは両者の仕事には、どのような違いを見出すことができるのでしょうか。デザイナーはサイト全体のビジュアル面の意匠を担当します。これに対してクリエイターではより広汎な知識が要求されることになります。内部の階層構造やアンカーテキストの適切な配置などの内部構造から、キーワード選定やバックリンク獲得などの外部対策にいたるまで広汎な分野に対応できる知識が要求されることになります。
ところでクリエイターもデザイナーも、自分の裁量で業務の内容を決定することはできません。Webページのコンテンツの編集やコンテンツの充実に必要な映像制作や楽曲制作など、広汎な分野を俯瞰の立場で的確に指示できる監督役が必要です。それに相当するのがWebコーディネーターという仕事になります。

またコンテンツの中心がテキストであることは、検索エンジンのアルゴリズム更新によっても変わることはありません。そこで主にテキストコンテンツの作成に当たるのがWebライターになります。作詞家のように創作的なテキストの作成もあれば、作詞家のような詩的な文章ではなくある程度堅めのテイストで文章の作成を要求される場合もあります。